ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2009年4〜6月]を発表(IPA) | ScanNetSecurity
2021.05.10(月)

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2009年4〜6月]を発表(IPA)

 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月22日、2009年第2四半期(4月〜6月)の脆弱性関連情報の届出状況をまとめ、発表した。2004年7月8日の届出受付開始から5年が経過し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月22日、2009年第2四半期(4月〜6月)の脆弱性関連情報の届出状況をまとめ、発表した。2004年7月8日の届出受付開始から5年が経過し、2009年第2四半期までの届出件数の累計が5,660件となった。Webサイトの脆弱性では、クロスサイト・スクリプティング、DNSキャッシュポイズニング、SQLインジェクションの脆弱性の届出が継続している。

 2009年第2四半期のソフトウェア製品の脆弱性の処理状況は、JPCERT/CCが調整を行い、製品開発者が脆弱性の修正を完了し、JVNで対策情報を公表したものが30件(累計367件)、製品開発者が個別対応を行ったものは0件(累計17件)、製品開発者が脆弱性ではないと判断したものは0件(累計35件)、告示で定める届出の対象に該当せず不受理としたものは8件(累計143件)であった。これらの取扱いを終了したものの合計は38件(累計562件)となっている。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/vuln2009q2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×