「2008年度Webアプリケーション脆弱性検査レポート」を公開(MBSD) | ScanNetSecurity
2021.05.18(火)

「2008年度Webアプリケーション脆弱性検査レポート」を公開(MBSD)

 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は7月21日、「Webアプリケーション脆弱性検査サービス」の最新統計レポートを公開した。本レポートは、同社が2008年度(2008年4月1日〜2009年3月31日)に実施したWebアプリケーション脆弱性検査サービスの結果と、2002

製品・サービス・業界動向 業界動向
 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は7月21日、「Webアプリケーション脆弱性検査サービス」の最新統計レポートを公開した。本レポートは、同社が2008年度(2008年4月1日〜2009年3月31日)に実施したWebアプリケーション脆弱性検査サービスの結果と、2002年以降の統計を集計し、Webサイトのセキュリティ対策状況を分析したもの。

 レポートによると、本年度検査を行ったWebサイトのうち、80%のサイトから何らかの脆弱性が発見された。ただし、脆弱性が発見されないセキュアなサイト(評価S)の割合は年々増加傾向にあり、本年度は過去最高となるなど、セキュアなサイトが増えてきている傾向もうかがえる。一方で、大量の個人情報漏えいなどが起こる可能性のあった危険なサイト(評価C、D)も増加し、セキュリティレベルは二極化の傾向にあるとしている。

http://www.mbsd.jp/news/pressrelease_20090717.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×