エールフランス機消息事故や有名人の訃報がいち早くスパムメールに採用(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.05.07(金)

エールフランス機消息事故や有名人の訃報がいち早くスパムメールに採用(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は7月8日、2009年5月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がブラジル、2位がアメリカ、3位が韓国、4位がポーランド、5位がインドと、韓国(7位から4ステップアップの3位)、ポーランド(5位から1ステップア

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は7月8日、2009年5月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がブラジル、2位がアメリカ、3位が韓国、4位がポーランド、5位がインドと、韓国(7位から4ステップアップの3位)、ポーランド(5位から1ステップアップの4位)、インド(圏外からのステップアップの5位)の急浮上が見られた。代わりにトルコ、ロシアが順位を下げている。SaaS型セキュリティサービスプラットフォーム「SecureCloud」による「有害送信元IP」統計によれば、6月度は約12億のIPより有害情報が送信された。これは先月から約1.5倍増の値となる。

 スパムメールを介した攻撃手法としては、引き続き社会学的に効果の高い手法が採られている。特に今月は世界に衝撃をもたらしたニュースが相次いだ。スパムメール配信業者はこうしたニュースをいち早く採り入れ、自身の目的達成手段へと活用している。報告された事例はエールフランス機消息事故、そしてマイケル・ジャクソンとファラ・フォーセットの訃報に便乗したものであり、これらには、メールにはニュースの概要などが記載され、詳細を示す写真や映像の閲覧にはリンク(記載URL)へのアクセスを促していること。実際にリンク先に配置されているコンテンツはウイルスであること。ウイルスのインストールを達成させるために、動画再生ソフトウェアや写真であると示し、実行を促していることなどの共通性が見られた。


http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2990
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×