マルウェアマンスリーレポート、先月に引き続き「Net-Worm.Win32.Kido.ih」が最も蔓延(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.05.18(火)

マルウェアマンスリーレポート、先月に引き続き「Net-Worm.Win32.Kido.ih」が最も蔓延(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは7月2日、2009年6月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、6月のランキングで

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは7月2日、2009年6月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、6月のランキングでは、先月に続き「Net-Worm.Win32.Kido.ih」が首位となった。このネットワークワームは、今回分析方法が変更されたにもかかわらず首位をキープしている上、亜種である「Kido.jq」および「Kido.ix」もランキングに入っている。「Kido」が蔓延している理由は、このファミリーがウイルス対策により保護されていないPCに接続されるリムーバブルメディアを経由して拡散することもできるためだという。同じ理由により、「Autorun」ファミリーに属する「AutoRun.dui」および「AutoRun.rxx」もランクインしている。また、サイバー犯罪者に頻繁に使用される特に注目すべきスクリプト型トロイの木馬「Trojan-Downloader.JS.LuckySploit.q」もランクインした。

 ユーザのコンピュータ上で検知した悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Net-Worm.Win32.Kido.ih」、2位が「Virus.Win32.Sality.aa」、3位が「Trojan-Dropper.Win32.Flystud.ko」、4位が「Trojan-Downloader.Win32.VB.eql」、5位が「Worm.Win32.AutoRun.dui」となった。また、Webアンチウイルスの統計結果ランキングでは、1位が「Trojan-Downloader.JS.Gumblar.a」、2位が「Trojan-Downloader.JS.Iframe.ayt」、3位が「Trojan-Downloader.JS.LuckySploit.q」、4位が「Trojan-Clicker.HTML.IFrame.kr」、5位が「Trojan-Downloader.HTML.IFrame.sz」となった。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578773
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×