「MAL_OTORUN」が微増、新たなマルウェアにもUSBメモリ悪用機能(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

「MAL_OTORUN」が微増、新たなマルウェアにもUSBメモリ悪用機能(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は6月3日、2009年5月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2009年5月の不正プログラム感染被害の総報告数は4,496件で、2009年4月の4,125件から増加した。不正プログラム感染被害報告数ランキングでは、主にUSBメ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は6月3日、2009年5月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2009年5月の不正プログラム感染被害の総報告数は4,496件で、2009年4月の4,125件から増加した。不正プログラム感染被害報告数ランキングでは、主にUSBメモリを悪用する不正な設定ファイル「MAL_OTORUN」が4月から微増しており、新しく作成された不正プログラムにもUSBメモリを悪用する手口が使われていると思われる。

 4月末には、新型インフルエンザ騒動に便乗したスパムメールの国内の流通が確認された。メールタイトルは新型インフルエンザに対する注意喚起をユーザに促すもので、メールに添付されたファイルはAcrobatの脆弱性を狙うPDFファイルであった。また、PDFファイルは新型インフルエンザに関する警告の文面に偽装されている。海外でも同様に、新型インフルエンザ騒動に便乗したスパムメールが流通しており、タイトルを新型インフルエンザに関連するものに偽装しているとともに、医薬品のオンライン販売サイトへ誘導するためのURLが記載されている。ランキングの1位は「MAL_OTORUN」(413件)、2位は「TROJ_SEEKWEL」(186件)、3位は「WORM_DOWNAD」(157件)、4位は「BKDR_AGENT」(68件)、5位は「TSPY_ONLINEG」(48件)となっている。


http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20090603014518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×