「RSA Adaptive Authentication」を機能強化、モバイル機器の認証に対応(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

「RSA Adaptive Authentication」を機能強化、モバイル機器の認証に対応(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は5月21日、リスクベース認証の「RSA Adaptive Authentication」を機能強化し、携帯電話をはじめとするモバイル機器の認証に対応したと発表した。提供開始は6月17日より。機能強化による価格変更はない。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会社は5月21日、リスクベース認証の「RSA Adaptive Authentication」を機能強化し、携帯電話をはじめとするモバイル機器の認証に対応したと発表した。提供開始は6月17日より。機能強化による価格変更はない。

 同製品は、オンラインサービス利用者の行動(IPアドレスの変化、ログインや現在・過去のサービス利用状況)をもとにリスクの分析を行い、リスクが高いと判定された場合には、ID・パスワード以外の認証を追加して本人確認の精度を高めるリスクベース認証製品。今回の機能強化では、モバイル機器特有の情報を基にしてリスク判定を行う機能が加わり、PC及びモバイル環境のセキュリティ・リスクをスコア化できるようになった。これにより、モバイルからのアクセス認証や不正取引の監視をPCからのアクセスと同様にリスク判定できる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10219
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×