サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(小林製薬) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(小林製薬)

 小林製薬株式会社は5月12日、同社の一部のサイトに改ざんが確認されたと発表した。改ざんされたページを閲覧することで、ウイルスに感染する可能性があったという。発表によると、改ざん被害を受けたのは5月9日5時27分から5月11日21時27分の間で、改ざんされたページは

製品・サービス・業界動向 業界動向
 小林製薬株式会社は5月12日、同社の一部のサイトに改ざんが確認されたと発表した。改ざんされたページを閲覧することで、ウイルスに感染する可能性があったという。発表によると、改ざん被害を受けたのは5月9日5時27分から5月11日21時27分の間で、改ざんされたページは以下の通り。

・暮らしのヒントお知らせ隊(http://hint.kobayashi.co.jp/)
・ハナノア ブランドサイト(http://hint.kobayashi.co.jp/hananoa/)
・イージーファイバー ブランドサイト(http://hint.kobayashi.co.jp/easyfiber/)

 これらのページを閲覧することで、ユーザのPCがトロイの木馬に感染する可能性があった。この感染により、PCに「sqlsodbc.chmの改変」「コマンドプロンプトが起動不能になる」「レジストリエディタが起動不能になる」といった影響があるという。同社ではこれらのページを停止し、復旧作業を行っている。


http://www.kobayashi.co.jp/info/090512.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×