サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(小林製薬) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(小林製薬)

 小林製薬株式会社は5月12日、同社の一部のサイトに改ざんが確認されたと発表した。改ざんされたページを閲覧することで、ウイルスに感染する可能性があったという。発表によると、改ざん被害を受けたのは5月9日5時27分から5月11日21時27分の間で、改ざんされたページは

製品・サービス・業界動向 業界動向
 小林製薬株式会社は5月12日、同社の一部のサイトに改ざんが確認されたと発表した。改ざんされたページを閲覧することで、ウイルスに感染する可能性があったという。発表によると、改ざん被害を受けたのは5月9日5時27分から5月11日21時27分の間で、改ざんされたページは以下の通り。

・暮らしのヒントお知らせ隊(http://hint.kobayashi.co.jp/)
・ハナノア ブランドサイト(http://hint.kobayashi.co.jp/hananoa/)
・イージーファイバー ブランドサイト(http://hint.kobayashi.co.jp/easyfiber/)

 これらのページを閲覧することで、ユーザのPCがトロイの木馬に感染する可能性があった。この感染により、PCに「sqlsodbc.chmの改変」「コマンドプロンプトが起動不能になる」「レジストリエディタが起動不能になる」といった影響があるという。同社ではこれらのページを停止し、復旧作業を行っている。


http://www.kobayashi.co.jp/info/090512.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×