多要素認証一元管理システムの最新版を提供開始(日本セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

多要素認証一元管理システムの最新版を提供開始(日本セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本セキュアジェネレーション株式会社(日本セキュア)は5月11日、多様化し高度化する情報セキュリティ環境に対応した多要素認証一元管理システム「SecuMAP」をユーザの要望を元にバージョンアップし、5月14日より発売を開始すると発表した。新バージョンでは、新たにActive Directoryのパスワードとの同期機能を搭載した。これにより、Active DirectoryのコンソールやSecuMAPコンソールからパスワードの変更が行われた場合、相互にパスワード変更が同期される。

 同期機能により、従来のADユーザごとに認証サーバのアカウントパスワードを再設定することなく運用が可能となる。また、Active DirectoryのOU(組織単位)対応により、SecuMAPコンソールで既存のOUを利用したユーザ管理が可能となった。このほか、ユーザ情報一括インポート機能やクライアントインストール時の一括初期設定機能を追加したほか、SecuMAPポリシー再認証機能の強化などが行われている。

http://www.secugen.co.jp/company/release/SecuMAPrelease_Ver2.0.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×