4月のネットワーク脅威の状況を発表、大きな変化はないが警戒は必要(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

4月のネットワーク脅威の状況を発表、大きな変化はないが警戒は必要(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マカフィー株式会社は5月8日、2009年4月のネットワーク脅威の状況を発表した。

 4月のウイルスランキングは通常通りの顔ぶれ。オンラインゲームを対象としたパスワードスティーラやそれらを感染させるオートラン系(Autorun worm)がランクのほとんどを占める結果となった。企業数、マシン数では「Generic!atr」、ファイル数では「W32/Almanahe.c」がそれぞれ1位となっている。コンフィッカー(W32/Conficker.worm)は4月1日の騒動があったものの検知数は従来どおり。しかし新たな亜種の発生も確認されており、引き続き警戒は必要とのこと。

 不審なプログラム(PUP)も先月同様、PUPの一般検知名である「Generic PUP」がランクの上位を占めており大幅な変化はない。全体的にはアドウェアに分類されるものが少なくなってきているとのこと。多くのPUPはインターネットからダウンロードしたフリーウェアなどに付加されており、こうしたフリーウェアの利用には十分に注意するよう警告している。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_09a.asp?pr=09/05/08-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×