遠隔操作でノートPC内データを消去できる漏えい対策ソリューションを開発(富士通、ウィルコムほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

遠隔操作でノートPC内データを消去できる漏えい対策ソリューションを開発(富士通、ウィルコムほか)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 富士通株式会社、株式会社富士通研究所、株式会社ウィルコムの3社は5月7日、法人対象にウィルコムのPHSネットワークを利用した遠隔操作により、ノートPCのHDD内データの消去やロックを可能とする新たなセキュリティソリューションを共同で開発した。

 本ソリューションは、3社で共同開発した専用の通信モジュールをノートPCに内蔵することにより、遠隔操作でHDD内にあるデータをすべて消去したり、PCを起動させないロック状態にするもの。データ消去機能は、データを保存する際に暗号化して保存する暗号化機能付きHDDの暗号鍵を瞬時に消去。これによりHDD内部のデータを解読・復元不可能な状態にする。また、PCロック機能は、PCの動作そのものを抑止することで、第三者がPCを不正に操作することを防止することができる。

 PCの電源オン・オフにかかわらず常時待ち受け状態を維持する専用の通信モジュールを搭載しているため、ノートPCがPHS通信圏内にあれば、電源がオフの状態でもデータ消去・ロックの指示・実行が可能。また、消去・ロックの実施結果については、ユーザーが管理サーバにアクセスすることで詳細実行結果を確認することができる。富士通では、本ソリューション並びに専用通信モジュールを内蔵したノートPCを2009年度第3四半期より提供する予定。あわせて、富士通グループ社員の業務用ノートPCとして順次導入する。

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/05/07/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  10. マネージドゲートウェイと併用できるエンドポイントセキュリティサービス(バリオセキュア)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×