遠隔操作でノートPC内データを消去できる漏えい対策ソリューションを開発(富士通、ウィルコムほか) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

遠隔操作でノートPC内データを消去できる漏えい対策ソリューションを開発(富士通、ウィルコムほか)

 富士通株式会社、株式会社富士通研究所、株式会社ウィルコムの3社は5月7日、法人対象にウィルコムのPHSネットワークを利用した遠隔操作により、ノートPCのHDD内データの消去やロックを可能とする新たなセキュリティソリューションを共同で開発した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通株式会社、株式会社富士通研究所、株式会社ウィルコムの3社は5月7日、法人対象にウィルコムのPHSネットワークを利用した遠隔操作により、ノートPCのHDD内データの消去やロックを可能とする新たなセキュリティソリューションを共同で開発した。

 本ソリューションは、3社で共同開発した専用の通信モジュールをノートPCに内蔵することにより、遠隔操作でHDD内にあるデータをすべて消去したり、PCを起動させないロック状態にするもの。データ消去機能は、データを保存する際に暗号化して保存する暗号化機能付きHDDの暗号鍵を瞬時に消去。これによりHDD内部のデータを解読・復元不可能な状態にする。また、PCロック機能は、PCの動作そのものを抑止することで、第三者がPCを不正に操作することを防止することができる。

 PCの電源オン・オフにかかわらず常時待ち受け状態を維持する専用の通信モジュールを搭載しているため、ノートPCがPHS通信圏内にあれば、電源がオフの状態でもデータ消去・ロックの指示・実行が可能。また、消去・ロックの実施結果については、ユーザーが管理サーバにアクセスすることで詳細実行結果を確認することができる。富士通では、本ソリューション並びに専用通信モジュールを内蔵したノートPCを2009年度第3四半期より提供する予定。あわせて、富士通グループ社員の業務用ノートPCとして順次導入する。

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/05/07/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×