Adobe Reader、Acrobatの脆弱性「CVE-2009-0927」の検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

Adobe Reader、Acrobatの脆弱性「CVE-2009-0927」の検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は4月10日、「Adobe Reader」及び「Adobe Acrobat」の脆弱性(CVE-2009-0927)に関する検証レポートを公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は4月10日、「Adobe Reader」及び「Adobe Acrobat」の脆弱性(CVE-2009-0927)に関する検証レポートを公表した。

 この脆弱性問題は、Adobe Reader及びAcrobatのgetlcon関数処理に脆弱性が存在し、Webページの閲覧、HTML形式のe-mailの表示またはe-mailの添付ファイルなどの経路から細工されたPDFファイルを閲覧した場合に、そのローカルユーザーと同じ権限が奪取される恐れがあるというもの。開発元のAdobe Systems社ではこの問題を「クリティカルな脆弱性」と認識しており、3月に「CVE-2009-0927」を含め複数の問題を解消したバージョン「9.1」「8.1.4」「7.1.1」を公開し、全ユーザーにアップデートを推奨している。

 検証ではAdobe Reader 8.1.2をインストールしたWindows XP SP3搭載のPCを用意。細工したPDFファイルを含むWebコンテンツを閲覧させることで任意のコードを実行させ、特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導してみた結果、実際に制御可能で、不正にコードを実行できることが確認されている。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090409.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×