トロイの木馬、スパイウェアの急増を報告(PS Japan) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

トロイの木馬、スパイウェアの急増を報告(PS Japan)

 PS Japan株式会社は4月15日、「PandaLabs第一四半期マルウェアレポート日本語版(2009年1月−3月)」を公開した。本レポートによると、トロイの木馬がこの期間に作成された新種の全マルウェアのうち73%を占めた。また一方で、このレポートで判明した主なトレンドのひ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 PS Japan株式会社は4月15日、「PandaLabs第一四半期マルウェアレポート日本語版(2009年1月−3月)」を公開した。本レポートによると、トロイの木馬がこの期間に作成された新種の全マルウェアのうち73%を占めた。また一方で、このレポートで判明した主なトレンドのひとつはスパイウェアの増加で、今年初めの3ヵ月において前四半期の2.5%から13.15%まで増加している。

 またレポートでは、Virtumondeスパイウェアが他のマルウェアどのよりも多くコンピュータを感染させたことや、トロイの木馬とアドウェアが、引続き最も広範囲に拡散するタイプのマルウェアとなっていること、Confickerワームが、ほとんどのセキュリティラボにおいて共通の懸念を引き起こしたことなどを挙げている。


http://www.pandasoftware.jp/promo/pdf/Report_PandaLabs_Q1_2009.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×