電子文書の一元管理を実現するコンテンツ承認基盤ソフトを発売(日立ソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

電子文書の一元管理を実現するコンテンツ承認基盤ソフトを発売(日立ソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は3月17日、企業内の電子文書の取り扱いを一元的に管理するコンテンツ承認基盤ソフト「ContentsGate」を4月1日より発売すると発表した。同製品は、企業内の電子文書の承認機能や文書のファイル変換機能などを備え、文書の認証情報を一元管理することが可能なソフト。承認された文書を取り扱いに応じて適切な基準を与え自動的に暗号化やPDF化し、申請および承認のログを記録することで、コンプライアンスが強化できる。

 また、他のセキュリティ製品と連携することで、コンテンツ単位の持ち出し制御を実現する。同製品との連携の第1弾として、電子メールによる持ち出しを管理する「ContentsGate for Mail」を提供する予定だ。同製品は、メールで送信するコンテンツの持ち出しを許可し、必要に応じてセキュリティを強化したファイル形式へ変換することにより、情報漏えいのリスクを低減するものとなっている。

http://hitachisoft.jp/news/news090317_02.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×