Windowsサーバーに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフトを発売(キヤノンITソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

Windowsサーバーに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフトを発売(キヤノンITソリューションズ)

 キヤノンITソリューションズ株式会社は3月9日、Windowsサーバに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス サーバー」を3月16日に発売すると発表した。本製品は、オーストリアに拠点を置く独立系のテスト機関「AV-Comparatives.org」や英国

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 キヤノンITソリューションズ株式会社は3月9日、Windowsサーバに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス サーバー」を3月16日に発売すると発表した。本製品は、オーストリアに拠点を置く独立系のテスト機関「AV-Comparatives.org」や英国のコンピュータウイルス感染防止・識別・除去の国際誌「Virus Bulletin」において継続的に優秀な成績を残している高い検出力が特長。

 従来、Windowsサーバに「ESET NOD32アンチウイルス」を導入するには、ライセンス製品を購入する必要があった。しかし同製品は、1ライセンスでWindowsサーバに導入することが可能だ。対応OSは、Windows 2000 Server、Windows Server 2003、Windows Server 2008。価格は15,000円(税別)。パッケージ製品およびダウンロード製品の「NOD32アンチウイルス V2.7」をWindowsサーバにて利用するユーザは、優待価格として10,000円(税別)で購入できる。

http://www.canon-its.co.jp/company/news/20090309nod.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×