Windowsサーバーに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフトを発売(キヤノンITソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

Windowsサーバーに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフトを発売(キヤノンITソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 キヤノンITソリューションズ株式会社は3月9日、Windowsサーバに対応したウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス サーバー」を3月16日に発売すると発表した。本製品は、オーストリアに拠点を置く独立系のテスト機関「AV-Comparatives.org」や英国のコンピュータウイルス感染防止・識別・除去の国際誌「Virus Bulletin」において継続的に優秀な成績を残している高い検出力が特長。

 従来、Windowsサーバに「ESET NOD32アンチウイルス」を導入するには、ライセンス製品を購入する必要があった。しかし同製品は、1ライセンスでWindowsサーバに導入することが可能だ。対応OSは、Windows 2000 Server、Windows Server 2003、Windows Server 2008。価格は15,000円(税別)。パッケージ製品およびダウンロード製品の「NOD32アンチウイルス V2.7」をWindowsサーバにて利用するユーザは、優待価格として10,000円(税別)で購入できる。

http://www.canon-its.co.jp/company/news/20090309nod.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×