Webサイトの主要な脆弱性を検査する「Web健康診断」を開始(KCCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

Webサイトの主要な脆弱性を検査する「Web健康診断」を開始(KCCS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月26日、インターネットに公開されているWebサイトに対して主要な脆弱性を検査する診断サービス「Web健康診断」の提供を開始した。

 本サービスは、“健康診断”というコンセプトに基づき、同社の専門診断員がWebサイト全体から重要なページを抽出し、それらのページに対しリスクの高い主要な項目について、Webアプリケーション脆弱性の検査を行うと同時に、Webサーバのプラットフォームに対しても脆弱性を検査するというもの。独自開発のカスタムツールにより、従来、手動でなければ対応が困難であった診断の自動化を実現。これにより廉価での提供が可能となっている。

 診断項目は、KCCSがこれまで蓄積してきたWebアプリケーション脆弱性診断の実績・ノウハウから、診断すべき対象・項目を独自に体系化したもので、SQLインジェクションやクロスサイト・スクリプティング、意図しないリダイレクト、アクセス制御の不備・欠落などが含まれる。また、発見された脆弱性とその対策などについては、報告書としてまとめられ提供されるため、ユーザーはWebサイトの脆弱性傾向を把握でき、緊急対策や精密検査などを講じることが可能。

 料金は基本診断料で180,000円。調査期間は、診断申し込みから開始までが約1週間、診断が半日程度。報告書提出は診断終了後1週間以内。

http://www.kccs.co.jp/press/release/090226.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×