米SenSage社製ログ管理ソフトを搭載したアプライアンスを提供開始(日立ソフト) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

米SenSage社製ログ管理ソフトを搭載したアプライアンスを提供開始(日立ソフト)

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は2月26日、東京エレクトロンデバイスが開発したログ管理アプライアンス製品「logbox powered by SenSage(センセージ)」の提供を発表し、3月2日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は2月26日、東京エレクトロンデバイスが開発したログ管理アプライアンス製品「logbox powered by SenSage(センセージ)」の提供を発表し、3月2日より販売を開始した。

 同製品は、東京エレクトロンデバイスが国内総販売代理店を務める米SenSage社製ログ管理ソフト「SenSage Enterprise Security Analytics」(以下SenSage)をアプライアンス化し、主に中小企業ユーザー向けに提供するもの。SenSageの定評あるログ取り込みや高い検索性能を継承しつつ、ログ収集機能「Collector」、ログ保管専用データベース「Scalable Log Server」、GUIを活用してログを分析する「Analyzer」を1台のアプライアンス・サーバ上に統合。各種OSやデータベースなどの汎用的製品に対応した多数のセキュリティ・コンプアライアンス用レポートもインストール済みなため、電源を入れ、ネットワークにつなげばすぐに運用を開始できる。

 価格はStandard Editionで10,080,000円。なお、発売記念キャンペーン特別価格として、3月末までは5,827,500円で提供される。

http://hitachisoft.jp/news/news090226.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×