仮想化環境上で動作するバーチャルアプライアンス製品を共同展開(トレンドマイクロ、CTC) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

仮想化環境上で動作するバーチャルアプライアンス製品を共同展開(トレンドマイクロ、CTC)

 トレンドマイクロ株式会社と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は2月19日、トレンドマイクロのWebゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」(IWSVA)及びメッセージングゲートウェイ向けバーチャ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は2月19日、トレンドマイクロのWebゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」(IWSVA)及びメッセージングゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」(IMSVA)をCTCが3月から販売開始すると発表した。

 IWSVAおよびIMSVAは、VMware社のVMware ESXの仮想化環境上で動作するバーチャルアプライアンス製品。IWSVAは、ウイルス対策機能を始め、URLフィルタリングやWebレピュテーション機能を実装。IMSVAでは、ウイルスやスパイウェアといった不正プログラムをブロックし、Emailレピュテーション機能により効果的なスパムメール対策が行える。両製品とも、OS部分を含むオペレーティング環境やセキュリティパッチなどが一元的に提供されるため、OSやソフトウェアを個別にメンテナンスする必要がなく、導入後すぐに運用が可能。

http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20090219014532.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×