総務省のガイドライン対応の中小ISP向け迷惑メール対策ソリューション(センドメール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

総務省のガイドライン対応の中小ISP向け迷惑メール対策ソリューション(センドメール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 センドメール株式会社は2月18日、総務省の通信業者向けガイドラインに準拠した迷惑メール対策ソリューションパッケージを、中小規模のISPに向けて3月2日より提供開始すると発表した。同パッケージは、メールゲートウェイシステム「Mailstream Switch MTA」およびセキュリティ管理システム「Mailstream Manager / Sendmail Anti-Spam」に、送信ドメイン認証、25番ポートブロック(OP25B)による迷惑メール対策に必要な設定ファイルやテンプレートを組み合わせたもの。

 これらの対策技術が違法行為とならないようガイドラインに準拠しているため、導入後すぐに適切な対策を実施することが可能。大手ISPでは25番ポートブロックや送信ドメイン認証により、迷惑メール対策で成果を挙げているのに対し、対策が遅れている中小規模のISPの対応を促進するために導入しやすい価格設定とし、対策用のカスタムポリシーと導入コンサルティングを提供する。また、アプライアンスサーバも近日発売予定としている。

http://www.sendmail.co.jp/company/press/html/20090218.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×