セキュリティホール情報<2009/01/20> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

セキュリティホール情報<2009/01/20>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

以下のセキュリティホール情報は、日刊メールマガジン「Scan Daily Express」の見出しのみを抜粋したものです。
「Scan Daily Express」では、全文とセキュリティホールの詳細へのリンクURLをご覧いただけます。

★ お申込みはこちら ★
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3683.html

<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽53KF Web IM───────────────────────────
53KF Web IMは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:Home、Professional、Enterprise
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Dark Age CMS───────────────────────────
Dark Age CMSは、login.phpスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:0.2c Beta
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Oracle Database─────────────────────────
Oracle Databaseは、細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:10.2.0.1 R2、11.1.0.6
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Oracle WebLogic Server──────────────────────
Oracle WebLogic Serverは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:10.0、10.0 Express、10.0 MP1 Express、
10.0 MP1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Simple PHP Newsletter──────────────────────
Simple PHP Newsletterは、細工されたURLリクエストをmail.phpおよびmailbar.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.5
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽PcCookBook component for Joomla!─────────────────
PcCookBook component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽eSPG───────────────────────────────
eSPGは、「/../」を含む細工されたURLリクエストをcomment.phpスクリプトに送ることでディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の任意のファイルを閲覧される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.72
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽FhImage─────────────────────────────
FhImageは、settings.phpスクリプトでのエラーが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.2.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽AV Book Library─────────────────────────
AV Book Libraryは、細工されたSQLステートメントをedit.php、add.phpおよびbook_search.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.0.0、1.0.1、1.0.2
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:1.1以降へのバージョンアップ

▽Simple Content Management System (SCMS)─────────────
Simple Content Management System (SCMS)は、細工されたURLリクエストをindex.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽BibCiter─────────────────────────────
BibCiterは、細工されたSQLステートメントをprojects.php、contacts.phpおよびusers.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.4
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽AJClassifieds Merchandise────────────────────
AJClassifieds Merchandiseは、index.phpスクリプトがファイル拡張子を適切にチェックしていないことが原因で任意のファイルをアップロードされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:For Sale 3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽AJClassifieds Personals─────────────────────
AJClassifieds Personalsは、index.phpスクリプトがファイル拡張子を適切にチェックしていないことが原因で任意のファイルをアップロードされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽AJClassifieds Realestate─────────────────────
AJClassifieds Realestateは、index.phpスクリプトがファイル拡張子を適切にチェックしていないことが原因で任意のファイルをアップロードされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ActionCalendar──────────────────────────
ActionCalendarは、細工されたSQLステートメントをadmin.aspスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽BlogIt!─────────────────────────────
BlogIt!は、Webルートの中にストアされたBlog.mdbファイルを適切にチェックしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽RankEm──────────────────────────────
RankEmは、rankup.aspスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽eFAQ───────────────────────────────
eFAQは、default.aspスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽eReservations──────────────────────────
eReservationsは、Login.aspスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Ping IP─────────────────────────────
Ping IPは、admin.aspxスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Sophos Anti-Virus────────────────────────
Sophos Anti-Virusは、Remote Management System(RMS)が原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にRMSルータを応答不能にされる可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:3.0.8
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:3.0.9以降へのバージョンアップ

▽MKPortal─────────────────────────────
MKPortalは、多数のモジュールがファイルの拡張子を適切にチェックしていないことが原因で任意のファイルをアップロードされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードを実行される可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.2.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Oracle──────────────────────────────
Oracleは、セキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、複数のセキュリティホールが解消される。 [更新]
2009/01/15 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:10.1.2.2.0、10.1.2.3.0、10.1.3.3.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Mozilla Firefox / SeaMonkey───────────────────
Mozilla Firefox、SeaMonkeyは、セキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、複数のセキュリティホールが解消される。[更新]
2008/12/17 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Firefox 3.0.5未満、Firefox 2.0.0.19未満、
SeaMonkey 1.0.14未満、Thunderbird 2.0.0.19
未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽SmartVMD ActiveX control─────────────────────
SmartVMD ActiveX controlは、細工されたWebページを開くことでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の任意のファイルを上書きされる可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.1
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽Sagem F@st 2404 router──────────────────────
Sagem F@st 2404 routerは、restoreinfo.cgiスクリプトでのエラーが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイスへの無許可のアクセスを実行される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Sagem F@st 2404 router
回避策:公表されていません

▽Digital Sales IPN────────────────────────
Digital Sales IPNは、Webルートの中にストアされたSales.mdbファイルを適切にチェックしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2009-01-19
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽MetaTreeX ActiveX control────────────────────
MetaTreeX ActiveX controlは、細工されたWebページを開くことでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の任意のファイルを上書きされる可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.5.100
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽DMXReady Blog Manager──────────────────────
DMXReady Blog Managerは、inc_webblogmanager.aspスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]
2009/01/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.1
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽Cisco IOS HTTP Server──────────────────────
Cisco IOS HTTP Serverは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]
2009/01/15 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Cisco IOS
回避策:ベンダの回避策を参照

▽xrdp───────────────────────────────
xrdpは、xrdp_bitmap_invalidate ()、xrdp_bitmap_def_proc ()およびrdp_rdp_process_color_pointer_pdu ()機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/12/03 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:0.4.1
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽dkim-milter───────────────────────────
dkim-milterは、署名されたメッセージの検証中にエラーが発生することでDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.8.0ほか
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:2.8.1以降へのバージョンアップ

▽OpenSSL EVP_VerifyFinal─────────────────────
OpenSSL EVP_VerifyFinal ()機能やOpenSSL DSA_verify機能を搭載する多くのアプリケーションは、適切なチェックを行っていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデジタル署名検査を回避される可能性がある。 [更新]
2009/01/13 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:eidlib 2.6.0、Gale 0.99以前、
BIND 9.6.0以前、NTP 4.2.4p4以前、
OpenSSL 0.9.8h以前、Sun Grid Engine 5.3、
Lasso 2.2.1-0以前、ZXID 0.9以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:各ベンダの回避策を参照

▽Netatalk─────────────────────────────
Netatalkは、papdデーモンがpoprn ()機能に渡したパラメータを適切にチェックしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
2008/12/22 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.0.3以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:2.0.4-beta2以降へのバージョンアップ

▽Sun xVM VirtualBox────────────────────────
Sun xVM VirtualBoxは、不安定な一時ファイルを作成されることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。 [更新]
2008/12/12 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:2.0.x〜2.0.6以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽CUPS───────────────────────────────
CUPSは、cupsImageReadPNG () 機能が適切なチェックを行っていないことが原因で整数オーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。[更新]
2008/12/03 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Apple CUPS 1.3.9以前、CUPS 1.2.9以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:1.3.10以降へのバージョンアップ

<Linux共通>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Linux Kernel───────────────────────────
Linux Kernelは、security/keys/keyctl.cスクリプトが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に使用可能なメモリリソースを全て消費される可能性がある。
2009/01/20 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6.0
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽GIT───────────────────────────────
GITは、悪意があるシェル文字を含む細工されたリクエストをgitwebインタフェースに送ることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2009/01/14 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:5.2.4
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Avahi (mDNS)───────────────────────────
Avahi (mDNS)は、multicast DNS (mDNS)を処理する際のエラーが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にアプリケーションを応答不能にされる可能性がある。 [更新]
2008/12/16 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:0.6.10、0.6.11、0.6.13、0.6.15、0.6.16、
0.6.20、0.6.23、0.6.7、0.6.8、0.6.9
影響を受ける環境:Linux
回避策:0.6.24以降へのバージョンアップ

▽Linux Kernel───────────────────────────
Linux Kernelは、fs/ext2/dir.c、fs/ext3/dir.cおよびfs/ext4/dir.cファイルでのerror-reporting functionが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にDoS攻撃を受けてシステムを応答不能にされる可能性がある。 [更新]
2008/10/09 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6.26.5
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Linux Kernel───────────────────────────
Linux Kernelは、open.cでのエラーが原因で権限を昇格されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
2008/10/02 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.6.9 rc4ほか
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.22-rc1以降へのバージョンアップ

▽Linux Kernel───────────────────────────
Linux Kernelは、VFS lookupが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2008/08/26 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:2.6.25.15以前
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.25.15へのバージョンアップ

▽Linux kernel───────────────────────────
Linux kernelは、mountpoint特性を修正されることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格されたりDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2008/07/11 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.6.9ほか
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

<リリース情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Becky! Internet Mail───────────────────────
Becky! Internet Mail 2.50.00 RC3がリリースされた。
http://www.rimarts.co.jp/becky-j.htm

<セキュリティトピックス> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽トピックス
総務省、政治資金収支報告書作成ソフト等の不具合への対応について
http://www.soumu.go.jp/s-news/2009/pdf/090119_3.pdf

▽トピックス
トレンドマイクロ、InterScan Web Security Suite 3.1 Linux版 Critical Patch (ビルド1101) 公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1195

▽トピックス
トレンドマイクロ、InterScan Web Security Suite 1.1 Solaris版 Critical Patch (ビルド1185) 公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1194

▽トピックス
NTTドコモ、法人向け端末「F-06A」を発売
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090119_01.html

▽トピックス
NTTコミュニケーションズ、熱田ビル(愛知県名古屋市)における通信サービスの障害について(最終報)
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20090119_3.html

▽トピックス
NTTコミュニケーションズ、OCNホスティングサービスの新プラン「メール&ウェブPro2」、「Privateサーバー」の提供開始について
http://www.ntt.com/serviceinfo/monthinfo/detail/20090119.html

▽トピックス
ラック、SQLインジェクション攻撃などに特化したセキュリティ診断サービス「Webセキュリティ診断・初診コース」を開始
http://www.lac.co.jp/news/press20090120.html

▽トピックス
NRIセキュア、セキュアファイル送受信サービス「クリプト便」に「メッセージアーカイブ機能」をオプション追加
http://www.nri.co.jp/news/2009/090120.html

▽トピックス
サードウェア、メールセキュリティーソフト「@La Mail」を発売
http://www.3ware.co.jp/

▽トピックス
セキュアブレイン、企業向けSaaS型「gredセキュリティサービス」を提供
http://www.securebrain.co.jp/news/090119_gred_l.html

▽サポート情報
トレンドマイクロ、ウイルスパターンファイル:5.775.00 (01/20)
http://jp.trendmicro.com/jp/support/download/pattern/index.html

▽サポート情報
アンラボ、V3 / SpyZero 緊急アップデート情報
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3835

▽サポート情報
アンラボ、V3 / SpyZero 定期アップデート情報
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3834

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、TROJ_FAKEAV.GDS
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ%5FFAKEAV%2EGDS

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、TROJ_DLOADER.VKH
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ%5FDLOADER%2EVKH

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、TROJ_KILLAV.KAX
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ%5FKILLAV%2EKAX

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、TROJ_ZBOT.LOL
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ%5FZBOT%2ELOL

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、TROJ_BANKER.GDK
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ%5FBANKER%2EGDK

▽ウイルス情報
トレンドマイクロ、WORM_ONLINEG.JAW
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM%5FONLINEG%2EJAW

◆アップデート情報◆
───────────────────────────────────
●Debianがgit-coreのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Debianがgit-coreのアップデートをリリースした。このアップデートによって、システム上で任意のコードを実行される問題が修正される。


Debian Security Advisory
http://www.debian.org/security/

───────────────────────────────────
●Turbolinuxがzipおよびunzipのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Turbolinuxがzipおよびunzipのアップデートをリリースした。このアップデートによって、2GB以上のファイルを扱えない問題が修正される。


Turbolinux Security Center
http://www.turbolinux.co.jp/security/

───────────────────────────────────
●Vine Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Vine Linuxがfirefox、bind、ntp、openssl、avahi、cupsおよびkernelのアップデートをリリースした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。


Vine Linux 最近発行された Errata
http://www.vinelinux.org/index.html

───────────────────────────────────
●RedHat Linuxがsquirrelmailのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 RedHat Linuxがsquirrelmailのアップデートパッケージをリリースした。このアップデートによって、squirrelmailにおける問題が修正される。


RedHat Linux Support
https://rhn.redhat.com/errata/rhel-server-errata.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×