サークルおよび関係者の個人情報がWinny流出(クリエイション) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

サークルおよび関係者の個人情報がWinny流出(クリエイション)

 クリエイション事務局は1月18日、同事務局に申し込みを行ったサークルおよび関係者の個人情報が、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上に流出したことが確認されたと発表した。二次被害拡大の防止という観点から、流出した個人情報に関する詳細は公開

製品・サービス・業界動向 業界動向
 クリエイション事務局は1月18日、同事務局に申し込みを行ったサークルおよび関係者の個人情報が、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上に流出したことが確認されたと発表した。二次被害拡大の防止という観点から、流出した個人情報に関する詳細は公開されていない。原因は、イベントにおいてスタッフ作業を行っていた元スタッフが、個人情報を含むファイルを2002年頃より断続的に無断で自宅に持ち帰っており、その後も当該ファイルを削除せずに自宅のPCに保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」使用によるウイルス感染が発生したため、流出したものであることが判明しているという。


http://www.creation.gr.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×