「ロータス・ノーツドミノ」の添付ファイルのアクセス制御ツールを発売(クオリティ) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

「ロータス・ノーツドミノ」の添付ファイルのアクセス制御ツールを発売(クオリティ)

 クオリティ株式会社は1月7日、グループウェア「ロータス・ノーツドミノ」に添付されたファイルをアクセス制御可能にする専用ツール「DKS Plus for Lotus Domino Direct(DKS-DD)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 クオリティ株式会社は1月7日、グループウェア「ロータス・ノーツドミノ」に添付されたファイルをアクセス制御可能にする専用ツール「DKS Plus for Lotus Domino Direct(DKS-DD)」を発表した。

 本製品は、ノーツドミノのデータベース文書に添付されたファイルを、データベースのACL(アクセスコントロールリスト)と同じアクセス権を付与したセキュアなPDFへ自動変換して管理するというもの。これにより、ノーツのデータベースからダウンロードされたファイルはデータベースのアクセス権限を継承し、たとえ外部にそのファイルが転送されても、データベースのアクセス権限を持たない人にはファイルを開くことができない。また、ファイルのアクセス権は遠隔で変更可能なため、流出したデータの即時無効化などが可能。この他、添付ファイルの操作履歴(閲覧・印刷など)管理機能、データベースから個人情報を保有する添付ファイルを見つけ出し、リスト化する探査機能なども搭載。

 動作環境は、ドミノサーバ、ノーツクライアント共に6.5以降対応。サーバOSはWindows 2000 Server SP4/Server 2003 SP2、クライアントOSはWindows 2000Pro SP4/XP Pro SP3/Vista SP1対応。この他、対象ファイルをPDF変換するために「Microsoft Office 2003/2007」が必要。価格は、クライアントライセンスと、サーバライセンスの2系統。参考価格は、クライアント方式が100ライセンスで700,000円。サーバ方式が1サーバで5,000,000円。

http://www.quality.co.jp/company/newsrelease/news_20090107.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×