USBメモリからの感染が突出(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

USBメモリからの感染が突出(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は1月6日、「インターネット脅威年間レポート(最終版)」の発表に合わせて、報道関係者に向けた「リージョナルトレンドラボによる"Webからの脅威"セミナー」を都内で行った。

 同社によると、2008年の不正プログラム感染被害の総報告数は56,880件で、2007年の63,726件から減少した。しかし、2005年以来被害の分散化が進む中、USBメモリをはじめとするリムーバブルメディアの不正な設定ファイル「MAL_OTORUN(オートラン)」の被害が2,870件と際立ち、2位のBKDR_AGENTの818件に3倍以上の差をつけている。3位以下は、JS_IFRAMEが596件、MAL_HIFRMが456件、TROJ_GAMETHIEFが411件と続いている。

 またコンピュータに侵入した不正プログラムがWebサイトに接続し、別のプログラムをダウンロードする「Webからの脅威」が感染報告の殆どを占め、その攻撃の発端となる侵入経路は「Webから直接ダウンロード」が53%、「他の不正プログラムが作成」が43%、「電子メール経由」12%等多様化している。

 今後、懸念される脅威の傾向として、標的を絞ったターゲット型の攻撃も残る一方、無差別にWeb改ざんを行う不正プログラムなどの不特定多数への攻撃もリバイバルの傾向にあると言う。また、リムーバブルメディア全般の感染も警告している。

 更に同社の取り組みとして、クラウド型の「Smart Protection Network」を紹介した。従来型のソリューションでは、数時間でURLが変化する危険なWebサイトへの対処や、ウイルスへの即時対応は困難であったが、同アーキテクチャではクラウド技術を応用することで最新の脅威に迅速に対応することが可能になるという。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20090105060537.html
https://www.netsecurity.ne.jp/3_12567.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×