冬期休暇中におけるインシデント発生予防のための注意事項を発表(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

冬期休暇中におけるインシデント発生予防のための注意事項を発表(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月22日、「冬期の長期休暇を控えて」と題し、冬期の長期休暇期間中におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防及び緊急時の対応に関して注意を呼びかける文章を発表した。

 冒頭では、昨今USBメモリやフラッシュメモリーカード、外付型ハードディスクなどの外部記憶装置を媒介したウイルス感染が増加していることから、休暇中に社外で使用した外部記憶装置を社内の機器に接続する場合は、ウイルスの感染を防ぐためにシフトキーを押しながらPCに外部記憶装置を接続することで自動実行を一時的に無効にすることを推奨している。さらに、内容を確認する前にウイルス対策ソフトでスキャンを行うこと、PCで外部記憶装置の自動再生を無効にすることも勧めている。

 また、全般的な注意点として、休暇に入る前に緊急時の連絡網の整備・周知、休暇中に使用しない機器の電源オフを推奨。システム管理者向けには、各種サービスへのアクセス権限を必要最低限に設定することや、休暇時の業務遂行のために特別にアクセス制御を変更する場合、通常の状態に戻す手順やスケジュール、およびそれに合わせた監視体制が整備されているか確認することなどをアドバイスしている。システム利用者向けには、脆弱なパスワードなどが設定されていないかの確認、データを持ち出す際には、自組織のポリシーに従い、その取り扱いや情報漏えいに細心の注意を払うようにするなどを挙げている。

 そして休暇明けには、導入している機器やソフトウェアについて、休暇中にセキュリティ更新プログラムが公開されていないかどうかのチェック、ウイルス対策ソフトの定義ファイルの更新はもちろん、休暇中に持ち出していた外部記憶装置などを組織内のPCに接続する前にウイルスチェックを行うことを勧めている。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2008/pr080007.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  7. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×