名古屋大と共同で次世代ハッシュ関数アルゴリズムを開発(ソニー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

名古屋大と共同で次世代ハッシュ関数アルゴリズムを開発(ソニー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソニー株式会社は12月15日、国立大学法人名古屋大学岩田哲准教授と共同で、デジタル署名などの暗号技術を構成するための要素技術として安全性が高く実装性能が高い、ハッシュ関数アルゴリズム「AURORA(オーロラ)」を開発したと発表した。

 「AURORA」は、ソニーが開発した安全で効率性の高い共通鍵ブロック暗号「CLEFIA(TM)」で培ったブロック暗号設計技術を応用し、最新の解析技術に配慮して設計された安全性の高い圧縮関数と、それらの圧縮関数を組み合わせる先進的なドメイン拡張技術が特長。圧縮関数では、データの攪拌(かくはん)性能の高い複数の変換関数を接続することで、既存の攻撃への耐性を高めているほか、圧縮関数の内部はバイト単位の演算を基本とし、さらに繰り返し構造を積極的に採用することで各種の実装形態に適した設計となっている。

 またドメイン拡張技術では、圧縮関数同士を効率よく接続することにより、さまざまな出力サイズに対応するとともに、期待される安全性を満たしたハッシュ関数を構成。この結果、ソフトウェア実装、ハードウェア実装の両方で高速・高性能化に成功し、同じ出力長に対応した主要なハッシュ関数SHA-2と比較しても、多くの実装形態で性能を低下させることなく、より高い安全性を実現したとしている。

 同社と名古屋大学はこの成果をもって、米国標準技術研究所(NIST)が公募している次世代ハッシュ関数の選定プロセス(通称SHA-3 Competition)に応募しており、「AURORA」は候補アルゴリズムの一つとして正式に認定された。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200812/08-151/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  10. 家庭や学校、企業で利用可能な初心者向け学習資料をシリーズで無償提供(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×