Microsoftとの戦略的提携を強化、DLPのデータ分類技術を組み込み製品化(米RSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Microsoftとの戦略的提携を強化、DLPのデータ分類技術を組み込み製品化(米RSA)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米EMC社のセキュリティ部門であるRSAは12月4日(現地時間)、EMCと米Microsoft社が長期にわたる多角的な提携関係に基づき、機密情報保護の強化と共有方法のセキュリティ向上に関してこれまで以上に企業を支援できるよう、技術面での提携を拡大すると発表した。両社は今後、コンテンツ、コンテキスト、アイデンティティに基づいて、インフラストラクチャ全般にわたって情報を保護できる組み込み方式のシステムによるアプローチで協力していく。

 これに伴いMicrosoftは、RSAR Data Loss prevention(DLP:データ損失防止)のデータ分類技術をMicrosoftのプラットフォームと将来の情報保護製品に組み込む予定。この結果、情報セキュリティ・ポリシーが一元的に定義されるようになり、機密データがインフラストラクチャのどこにあっても自動的に識別・分類され、企業や組織は幅広いコントロールを用いてエンドポイントやネットワーク、データセンターのデータを保護できるようになる。

 さらに、まもなくリリース予定の「RSA DLP Suite 6.5」では、Windows Server 2008のMicrosoft Active Directory Rights Management Services(RMS)を積極的にサポート。これにより、情報の機密度に基づいてRMSベースの情報アクセスと利用ポリシーを動的に適用できるようになる。また、Active DirectoryへのRSAソリューションの統合により、社員のアイデンティティやグループ・メンバーシップと関連付けて効率的にデータ損失防止コントロールを実施できるようになっている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9816
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×