P2Pで流通するファイルの20ファイルにひとつがマルウェア(HIRT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

P2Pで流通するファイルの20ファイルにひとつがマルウェア(HIRT)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 HIRT (Hitachi Incident Response Team) は12月10日、同チームが2008年初めに実施したP2Pファイル交換ソフト環境のコンテンツ流通実態調査の中から、マルウェアの流通について紹介している。この調査は平成20年1月から2月に計2回、クローリング調査をもとに専用ツールによりダウンロードを実施し、マルウェアチェック、著作物チェックを行ったもの。サンプル数は1回目が10,964ファイル、2回目が10,805ファイルとなっている。

 調査結果により、マルウェアは、約20ファイルにひとつ存在しており、流通量が多いアーカイブファイル(zip、lzh、rar)に限定すると、マルウェアは約5ファイルにひとつ存在していた。また、マルウェアのうちフォルダなどの安全なコンテンツに見せかけた「アイコン偽装」を行っているマルウェアは約9割であった。既知マルウェアの7割が情報漏えいを引き起こす「Antinny」とその亜種であり、最新の状態にあるウイルス対策ソフトを導入することは、P2Pファイル交換ソフトの情報漏えいに一定の防止効果があるとしている。


http://www.hitachi.co.jp/hirt/publications/hirt-pub08007/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×