脆弱性の件数は昨年、一昨年を上回るペース(ラック) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

脆弱性の件数は昨年、一昨年を上回るペース(ラック)

 株式会社ラックは11月19日、2008年7月〜9月のSNSDBアドバイザリ集計レポートを発表した。SNSDBアドバイザリは、公開されている脆弱性情報をラックが収集および検証し、編集した脆弱性情報データベース。本レポートは、2008年7月から9月に発行した132件のSNSDBアドバイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラックは11月19日、2008年7月〜9月のSNSDBアドバイザリ集計レポートを発表した。SNSDBアドバイザリは、公開されている脆弱性情報をラックが収集および検証し、編集した脆弱性情報データベース。本レポートは、2008年7月から9月に発行した132件のSNSDBアドバイザリを集計したものとなっている。

 レポートによると、プロダクト別の脆弱性の件数はRedHatが56件ともっとも多く、以下MIRACLE(42件)、Microsoft(27件)、Sun(24件)、Turbo(22件)と続く。リスクレベル別の件数では、もっとも危険なレベルの件数は26件で全体の20%を占めた。これにより2008年9月までの年間累計は70件となり、2006年年間の81件、2007年年間の83件を追い抜くペースとなっている。攻撃方法では「任意のコード実行」が47件(36%)でもっとも多かった。

http://www.lac.co.jp/info/snsdb_advisory/pdf/SNSDB_Advisory_Report_200807-09.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×