攻撃の対象がOSからアプリケーション層へと移行(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

攻撃の対象がOSからアプリケーション層へと移行(マイクロソフト)

 マイクロソフト コーポレーションは11月4日、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第5版」を発表した。同レポートは、サイバー犯罪からの保護を促進するため作成しているもの。今回の調査では、2008年上半期の間に、世界中のコンピュータから削除

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト コーポレーションは11月4日、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第5版」を発表した。同レポートは、サイバー犯罪からの保護を促進するため作成しているもの。今回の調査では、2008年上半期の間に、世界中のコンピュータから削除したマルウェアおよび迷惑ソフトである可能性のあるものの総数が43%以上増加していることが分かった。

 また、ダウンローダー型トロイの木馬および高深刻度の脆弱性が占める割合が増加を続けており、攻撃者の最大の動機が金銭目的であることも分かった。さらに、上半期に公開された脆弱性の90%以上がアプリケーションに影響するもので、攻撃の対象がオペレーティング システムからアプリケーション層へと移行していることがうかがえるとしている。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3574
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×