国内フィッシング届出状況、依然として過去1年間の平均を下回る(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

国内フィッシング届出状況、依然として過去1年間の平均を下回る(フィッシング対策協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 フィッシング対策協議会は、2008年8月の国内フィッシング情報届出状況を発表した。届出状況をみると、フィッシングメールの届出件数は7月度より3件増加した5件で、依然として過去1年間の平均を下回っている。フィッシングメール、フィッシングサイトの件数はいずれも7月度より2件増加の4件であった。

 業種別の状況をみると、金融が3件、その他が1件。「NICOS」や「UFJ Card」をかたるフィッシングメール、フィッシングサイトが出現し、「ローンの自動診断」としてメールアドレスなどの個人情報を盗み出そうとしていた。フィッシングサイトについては、それぞれ日本とアメリカでホスティングされていることが分かった。

http://www.antiphishing.jp/capj-report/200808-capj-report.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×