地下鉄梅田店で333枚のクレジットカード売上票を紛失(ユニクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

地下鉄梅田店で333枚のクレジットカード売上票を紛失(ユニクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ユニクロは10月10日、ユニクロ地下鉄梅田店において、平成20年9月1日から平成20年9月30日の期間中にクレジットカードを利用した際の「売上票(カード会社控え)」のうち一部の所在が不明となり、調査の結果、誤って廃棄した可能性が高いことが判明したと発表した。誤廃棄した可能性の高い売上票は333枚で、顧客の署名(一部の「クレジットカード売上票(カード会社控え)」のみが該当)、顧客氏名(ローマ字表記)、利用したクレジットカード会社の名称(略称)、クレジットカード番号(ただし下3桁部分は表示されていない)、購入金額、購入日の情報が記載されていたという。


http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2008/10/101018_card.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×