脆弱性管理サービスの最新版を提供開始(KCCS) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

脆弱性管理サービスの最新版を提供開始(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は10月15日、脆弱性管理サービスの新バージョン「SecureOWL Version2.0」を同日より提供開始したと発表した。同製品は、さまざまなサーバ・ネットワーク機器に対して手軽にネットワーク脆弱性診断を行える、DIY型のA

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は10月15日、脆弱性管理サービスの新バージョン「SecureOWL Version2.0」を同日より提供開始したと発表した。同製品は、さまざまなサーバ・ネットワーク機器に対して手軽にネットワーク脆弱性診断を行える、DIY型のASPサービス。サービス料金は、50IPでのローカル診断年間サービスが1,260,000円から。

 最新版では、ローカル診断機能とCSVレポート出力機能を新たに追加した。これによりWebサーバ等の公開サーバだけでなく、外部に公開していないイントラネット環境にあるさまざまな機器の脆弱性情報も継続的に管理することが可能となり、セキュリティレベルの更なる向上が実現できるとしている。

http://www.kccs.co.jp/press/release/081015.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×