Black Hat Japan 2008、ブリーフィング詳細を発表(IAjapan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

Black Hat Japan 2008、ブリーフィング詳細を発表(IAjapan)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ブラックハットと財団法人インターネット協会(IAjapan)は10月1日、東京新宿で10月5日から10日まで開催される国際セキュリティカンファレンス「Black Hat Japan 2008」のブリーフィング詳細を発表した。今回のセッションは、今まで開催してきた中で最もテクニカルでチャレンジング、より日本向けの内容となっている。

 今回のカンファレンスでは、「犯罪者がどのように資金作りをしているか」「日本の監視センターからみる日本の脅威の風景とその対策」「日本に迫る脅威〜SOC からみた景色〜」などのセッションのほか、ePassportの脆弱性、ソーシャルネットワークの潜在的信頼関係の崩壊、携帯電話OS「SymbianOS」に関する研究結果、ハイパーバイザーヴァーチャリゼーションが IPS(進入防御装置)にもたらす利点などの講演を実施。セッション後は“通訳付き”でスピーカーと参加者が意見交換や質疑応答できる場も用意されている。参加などの詳細はWebページを参照のこと。

http://www.iajapan.org/press/bhj_20081001press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×