データベース脆弱性評価アプライアンスを発売(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

データベース脆弱性評価アプライアンスを発売(フォーティネット)

 フォーティネットジャパン株式会社は10月1日、同社のセキュリティ・アプライアンス製品ファミリーで初となる、データベース脆弱性評価に特化したアプライアンス「FortiDB-1000B」を発表した。本製品は、パスワード、アクセス特権、コンフィギュレーション設定に存在す

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 フォーティネットジャパン株式会社は10月1日、同社のセキュリティ・アプライアンス製品ファミリーで初となる、データベース脆弱性評価に特化したアプライアンス「FortiDB-1000B」を発表した。本製品は、パスワード、アクセス特権、コンフィギュレーション設定に存在する弱点を探知することでデータベースを「強化」する、中規模エンタープライズ向けの製品。

 Oracle、DB2、Sybase、SQL Serverなどが混在する異機種環境をサポートしており、1台のアプライアンスにつき最大30件の同時データベースをサポートする。なお、同社では今年末および2009年にローエンドおよびハイエンドのFortiDB製品ラインも発売する予定で、ローエンドでは10件、ハイエンドでは60件のデータベースがサポートされる予定だという。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2008/pr100108.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×