検索サイトでメルマガ登録画面が表示、89件の個人情報が流出(楽天) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

検索サイトでメルマガ登録画面が表示、89件の個人情報が流出(楽天)

 楽天株式会社は10月1日、インターネット検索サイトで一部のユーザの「メルマガ登録情報の確認・変更・停止」画面のページURLが表示されるという事象が発生していたと発表した。同社が調査した結果、同社から『【楽天市場からのお知らせ】メルマガ登録情報の確認・変更

製品・サービス・業界動向 業界動向
 楽天株式会社は10月1日、インターネット検索サイトで一部のユーザの「メルマガ登録情報の確認・変更・停止」画面のページURLが表示されるという事象が発生していたと発表した。同社が調査した結果、同社から『【楽天市場からのお知らせ】メルマガ登録情報の確認・変更・配信停止について』というメールで個別に案内したメルマガ登録情報画面のURLをユーザ自身がQ&Aサイトやブログに貼り付けたり、ソーシャルブックマーク等に登録してURLを公開した場合、当該URLが検索サイトのクロールの対象となり、検索サイトに登録されたことが原因であることが判明したという。

 今回の件については約1,000件超の個人情報が流出したとの情報もあるが、インターネット検索サイトの検索結果には相当の重複があることが判明し、「メルマガ登録情報」画面を通じて閲覧された可能性がある情報は、名寄せすると現在89件であることが確認された。表示された個人情報は最大で氏名、性別、メールアドレス、生年月日、在住都道府県であるが、大半は氏名とメールアドレスのみで、クレジットカード情報・銀行口座に関する情報は一切含まれていないという。


http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20081001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×