AWStatsのクロスサイトスクリプティングの脆弱性の検証レポートを公表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

AWStatsのクロスサイトスクリプティングの脆弱性の検証レポートを公表(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は9月25日、AWStatsのクロスサイトスクリプティングの脆弱性に関する検証レポートを公表した。

 AWStatsは、Webサーバのアクセスログを解析し、ブラウザで統計情報を閲覧可能にするプログラム。同脆弱性により、悪意のあるユーザが細工したURLへサイト利用者を誘導することでCookieが漏洩する危険性がある。

 検証レポートでは、CentOS 5上にAWStats 6.8をインストールしたシステム上でこの脆弱性への攻撃を実証、悪意のあるユーザが、取得したCookieを利用し、なりすましを行うことが可能であると判断している。

 対策案は、修正バージョン「AWStats 6.9」にアップデートすること、及び、AWStatsへアクセスする必要のある接続元からしか接続できないよう、AWStatsが設置されたディレクトリへのアクセス制限を実施することを推奨している。

AWStats 6.9
http://awstats.sourceforge.net/#DOWNLOAD
AWStatsのクロスサイトスクリプティングの脆弱性に関する検証レポート
http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20080925.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×