11万件以上の顧客情報を含む書類を誤って廃棄(稚内信用金庫) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

11万件以上の顧客情報を含む書類を誤って廃棄(稚内信用金庫)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 稚内信用金庫は9月5日、個人情報を含む顧客情報が記録された一部の書類を誤って廃棄していたことが判明したと発表した。廃棄された書類は、顧客氏名、住所、取引金額などが記録された北海道公金収入伝票(納付書)、ATMジャーナルなどで、114,023件の顧客情報が含まれていた。同金庫では、保管してあるべき一部の書類が見当たらないことから全営業店において書類を調査した結果、今回の誤廃棄が判明したという。なお、廃棄の際にはシュレッダーで細断した可能性が極めて高く、また書類の持出が困難であるため外部への流出はないとしている。


http://www.wakashin.co.jp/news/01_080905.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×