ワンクリック不正請求に関して注意喚起(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

ワンクリック不正請求に関して注意喚起(IPA/ISEC)

 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は9月9日、有害サイトの状況に関する情報提供および一般ユーザにおける有効策についての注意喚起を公表した。この注意は、最近IPAに寄せられるセキュリティ相談件数の大幅な増加、特にワンクリック不正

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は9月9日、有害サイトの状況に関する情報提供および一般ユーザにおける有効策についての注意喚起を公表した。この注意は、最近IPAに寄せられるセキュリティ相談件数の大幅な増加、特にワンクリック不正請求に関する相談が急増していることを受けて実施したもの。2008年の「ワンクリック不正請求」に関する相談件数は、6月372件、7月457件、8月545件と、3ヶ月連続で最多件数となっている。

 相談の主な内容は、動画を見ようとして再生ボタンなどをクリックした結果、セキュリティ警告の画面が表示されたり、請求書を表示するウィンドウが繰り返し表示されたりしているようだ。このような画面が表示された場合、利用者は「キャンセル」ボタンを押して、ダウンロード等が行われないようにすることが大切だとしている。また、ワンクリック不正請求の被害に遭わないためには、一般サイトを閲覧中にアダルトサイトが表示されても、好奇心や興味本位でボタン等をクリックしないで、絶対にそれ以上先に進まないようにするしかない、と注意している。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×