神戸市立港島中学校卒業生などの個人情報がWinnyウイルス感染で流出(神戸市教育委員会) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

神戸市立港島中学校卒業生などの個人情報がWinnyウイルス感染で流出(神戸市教育委員会)

 神戸市教育委員会は8月28日、同市立港島中学校および神港高の卒業生など合計819名の個人情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。これは、港島中の臨時講師が同情報を許可なくHDDに記録して持ち出し、自宅にある個人用PCに保存して作業していたとこ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 神戸市教育委員会は8月28日、同市立港島中学校および神港高の卒業生など合計819名の個人情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。これは、港島中の臨時講師が同情報を許可なくHDDに記録して持ち出し、自宅にある個人用PCに保存して作業していたところ、このPCがWinnyウイルスに感染し同情報が流出したというもの。

 流出した可能性のある情報は、港島中の2005年から2007年度の卒業生の成績と進路、学級名簿など580名分、および神港高の2005年、2006年度の卒業生239名分のテスト結果などとしている。


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/57/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×