仮想化システム向けのセキュリティソリューションを発売(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

仮想化システム向けのセキュリティソリューションを発売(チェック・ポイント)

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は8月20日、仮想化されたアプリケーションに対して最高レベルのセキュリティを提供する「VPN-1 Virtual Edition(VE)」を発表、同日より出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は8月20日、仮想化されたアプリケーションに対して最高レベルのセキュリティを提供する「VPN-1 Virtual Edition(VE)」を発表、同日より出荷を開始した。

 VPN-1 VEは、チェック・ポイントの通常環境向け製品で採用されている技術と同じ、クラス最高レベルのセキュリティ技術で仮想アプリケーションを保護するVMware ESX Server向けのセキュリティソリューション。アプリケーションが別々のサーバに配置された状態と同じような、隔離された環境とセキュリティにより外部の脅威からアプリケーションを保護することが可能。また、既存のVPN-1ゲートウェイや同社アプライアンスと統合し一元的な管理を行えるため、管理コストなどを軽減することができる。

 対応するVMwareサーバは、VMware ESX Server 3.0.2、3.5、ESXi 3.5。VMware認定取得製品。予定価格は120万円〜。

 なお同社は、本製品の販売開始に伴い、仮想セキュリティ製品群に「VPN-1 Power VSX」を追加した。これは、単一のハードウェア・プラットフォーム上に、最大250までの仮想セキュリティ・システム(ファイアウォール、仮想VPN、侵入防御)を構築できる仮想セキュリティ・ゲートウェイ。セキュリティ/ネットワーク機器を集約・統合することで、ハードウェア投資を最小化し、管理効率を向上できるとしている。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2008/20080820virtualized-applications.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×