既存環境に負担をかけないサーバアクセス監視ソフトを発売(FFC) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

既存環境に負担をかけないサーバアクセス監視ソフトを発売(FFC)

 株式会社FFCは8月20日、セキュリティソフトBarrierSeriesの新製品としてファイルサーバやデータベースへのアクセス監視ソフト「ServerBarrier」を発売した。同製品は、サーバアクセス時にネットワーク上のパケットを解析することによりアクセスログを収集するもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社FFCは8月20日、セキュリティソフトBarrierSeriesの新製品としてファイルサーバやデータベースへのアクセス監視ソフト「ServerBarrier」を発売した。同製品は、サーバアクセス時にネットワーク上のパケットを解析することによりアクセスログを収集するもの。

 ネットワーク上のパケットを監視するため、監視対象のファイルサーバやクライアントPCに負荷をかけることなくログ収集が行える。また、管理サーバ以外のファイルサーバやクラインアントPCへのインストールが不要なため、低コストで手軽に導入が可能だ。収集したログを解析するためのレポートテンプレートを装備した。価格は3,990円で、サーバライセンスは504,000円から。

http://www.ffc.co.jp/newsrelease/2008/0820.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×