富士通SSLと「RSA Access Manager」の販売代理店契約を締結(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

富士通SSLと「RSA Access Manager」の販売代理店契約を締結(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 RSAセキュリティ株式会社は8月18日、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)とWebアクセス管理製品「RSA Access Manager」の販売代理店契約を締結したことを発表した。本契約により富士通SSLは、同製品の販売ならびに導入支援サービス、保守サポートの取り扱いを開始する。

 RSA Access Managerは、ユーザー本人の所属や職責、職権と、会社が定める規則などの情報をもとに業務アプリケーションやポータルサイトへのアクセス権を管理する製品。アクセス管理の統制を自動化できるほか、規則を逸脱した行為を自動的に排除するなど、内部統制の基本的要素であるIT業務処理統制を徹底できるのが特徴。富士通SSLでは、今回の協業によりセキュリティ・ソリューションの強化を図り、顧客のニーズに合わせたサービスを提供するとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9535
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×