MySpaceおよびFacebookのユーザを同時に攻撃する新種のワームを検知(Kaspersky Lab) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

MySpaceおよびFacebookのユーザを同時に攻撃する新種のワームを検知(Kaspersky Lab)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社Kaspersky Labs Japanは8月1日、MySpaceを攻撃する「Networm.Win32.Koobface.a」とFacebookを攻撃する「Networm.Win32.Koobface.b」の2種類のワームを検知したと発表した。いずれも攻撃したPCをゾンビ化することで、ボットネット構築を意図するもの。現在のところ、これらのワームはMySpaceおよびFacebookのみで感染を広げているが、追加機能をダウンロードする機能も合わせ持っているため、SNS以外の被害も想定される。ワームに感染したPCがこれらのSNSを媒体としてリンクを拡散するために使用されるだけでなく、ボットネットを構成して他の目的で悪用される可能性も高く注意が必要としている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578683
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×