インターネット脅威マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

インターネット脅威マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は8月5日、2008年7月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2008年7月の不正プログラム感染被害の総報告数は6,368件で、6月の4,232件から増加した。同社では7月17日にSQLインジェクションによるWebサイト改竄を警

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は8月5日、2008年7月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2008年7月の不正プログラム感染被害の総報告数は6,368件で、6月の4,232件から増加した。同社では7月17日にSQLインジェクションによるWebサイト改竄を警告している。全世界で最大21万ページ、国内で約1万ページが「TROJ_ASPROX」という不正プログラムによって改竄された疑いがあり、改竄されたWebサイトを閲覧した場合に別の不正プログラムに感染する危険があった。感染報告ランキング6位の「JS_IFRAME」は、不正なWebサイトへのリダイレクトを目的としており、今回の攻撃でも使われている。

 7月末時点でもリダイレクト先から個人情報を盗み取る偽セキュリティソフトが配布され続けており、感染を避けるためには不正なWebサイトへのアクセスをブロックする機能の利用が有効としている。また、企業のシステム管理者においては、休暇前に自社のWebアプリケーションの脆弱性のチェック、修正を今一度見直してみることを勧めている。7月の不正プログラム感染被害報告数ランキングは、1位がトロイの木馬である「TROJ_CABAT」(163件)、2位がトロイの木馬である「TROJ_GAMETHIEF」(156件)、3位が「MAL_OTORUN1」(141件)となっている。

http://www.trendmicro.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×