7月のウイルスTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

7月のウイルスTOP20を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社Kaspersky Labs Japanは8月1日、2008年7月のウイルスTOP20を発表した。同社は今月より、新たにカスペルスキーセキュリティネットワークの結果をもとにTOP20のランキングを行っている。現時点ではロシアや米国、日本など、個人向け製品バージョン2009がまだ正式にリリースされていない地域もあるため、今回のレポートは個人向け製品バージョン2009がすでにリリースされたヨーロッパおよびアジア諸国の状況を反映したものとなっている。

 最も数の多かった悪意あるプログラム、アドウェアおよび潜在的に危険なプログラムが、これらの脅威が検知されたコンピュータ総数に占める割合を示したランキングでは、1位が「Trojan.Win32.DNSChanger.ech」、2位が「Trojan-Downloader.WMA.Wimad.n」、3位が「Trojan.Win32.Monderb.gen」、4位が「Trojan.Win32.Monder.gen」、5位がnot-a-virus:AdWare.Win32.HotBar.ck」となった。また、検知された感染オブジェクト内で多く見られる悪意あるプログラムのランキングでは、「Trojan.Win32.DNSChanger.ech」および「Virus.Win32.Virut.qが同率1位、2位が「Worm.Win32.Fujack.ap」、3位が「Net-Worm.Win32.Nimda」、4位が「Virus.Win32.Hidrag.a」となった。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578682
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×