共有ファイル暗号化製品を発売(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

共有ファイル暗号化製品を発売(エントラストジャパン)

エントラストジャパン株式会社は7月16日、共有ファイルの暗号化製品「Entrust Entelligence Group Share」を同日より発売したと発表した。同製品は、ユーザグループ単位で暗号化/復号化用の鍵を共有・一元管理する「グループ鍵」暗号化方式により、ユーザ・管理者・サー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エントラストジャパン株式会社は7月16日、共有ファイルの暗号化製品「Entrust Entelligence Group Share」を同日より発売したと発表した。同製品は、ユーザグループ単位で暗号化/復号化用の鍵を共有・一元管理する「グループ鍵」暗号化方式により、ユーザ・管理者・サーバへの負荷を大幅に軽減した、共有ファイル暗号化ツール。価格は個別見積となっている。

ファイルを暗号化フォルダに移動または保存するだけで自動的に暗号化が可能で、暗号化後の拡張子の変更等もないのが特徴。また、シームレスなユーザ認証、サーバ側での管理・監査の一元化により、管理コストを抑えつつ高いセキュリティ対策を実現できる。対応プラットフォームは、Entelligence Group Share サーバ、Entelligence Group Share for Windows クライアント、Microsoft SQL Server 2005、Microsoft Internet Information Server 6.0など。

http://japan.entrust.com/news/2008/0716_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×