フィッシングサイトの閉鎖サービスに検知機能を追加(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

フィッシングサイトの閉鎖サービスに検知機能を追加(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は7月16日、フィッシングサイトの閉鎖サービス「RSA FraudAction」のオプションとして、不審メールやアクセスログを分析して積極的にフィッシングサイトを検出し、フィッシング詐欺対策の効果を高める「検知サービス」を8月1日より提供開始すると

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は7月16日、フィッシングサイトの閉鎖サービス「RSA FraudAction」のオプションとして、不審メールやアクセスログを分析して積極的にフィッシングサイトを検出し、フィッシング詐欺対策の効果を高める「検知サービス」を8月1日より提供開始すると発表した。

本サービスは、「オンライン不正対策指令センター(AFCC)」により導入企業や検知パートナーを通じて24時間365日体制で情報を収集、分析を行い、フィッシングサイトを検知すると導入企業へ直ちに通報すると同時に、同意確認後、フィッシングサイトを迅速に閉鎖するというもの。導入企業はAFCCから通報を受けた時点で、フィッシングサイトに対する注意喚起などの初動対応ができ、サービスに対する信頼感を維持できる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9503
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×