金融システム総合研究所とフィッシング対策サービスで協業(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

金融システム総合研究所とフィッシング対策サービスで協業(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は7月3日、金融システム総合研究所とフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」の販売代理店契約を締結し、同社が取り扱いを開始したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は7月3日、金融システム総合研究所とフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」の販売代理店契約を締結し、同社が取り扱いを開始したことを発表した。

RSA FraudActionは、24時間365日対応でインターネットを監視してフィッシングサイトを探し出し、短時間でサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する対策サービス。国内ではみずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、JCBなど15を超える金融機関に導入されている。

金融システム総合研究所では、金融情報システムの調査・研究やコンサルティングを長く手がけてきた経験から、フィッシング詐欺への対抗策は、短期間で導入でき、人的・システム的な負荷なしに運用を開始できるサービスが最適と考え、販売代理店契約を決定した。同社が、ベンダーのサービスを取り扱うのは今回が初めて。今後は、セミナーや研究会を通じ、会員企業はもちろん、広く金融業界全体に対して、フィッシングの脅威に対する啓蒙とRSA FraudActionを提案するとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9462
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×