暗号化機能を搭載したサーバ向けZIP製品をバージョンアップ(エクセルソフト) | ScanNetSecurity
2021.01.23(土)

暗号化機能を搭載したサーバ向けZIP製品をバージョンアップ(エクセルソフト)

エクセルソフト株式会社は6月3日、ピーケーウェア・ジャパンのUNIX/Linux/Windowsサーバ向けZIP製品の新バージョン、データセキュリティ・ソフトウェア「SecureZIP for Server v12」と、同圧縮・解凍ツール「PKZIP for Server v12」の国内販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エクセルソフト株式会社は6月3日、ピーケーウェア・ジャパンのUNIX/Linux/Windowsサーバ向けZIP製品の新バージョン、データセキュリティ・ソフトウェア「SecureZIP for Server v12」と、同圧縮・解凍ツール「PKZIP for Server v12」の国内販売を開始した。

SecureZIPは、データ圧縮標準のZIPにデータセキュリティの機能を付加したセキュア・データコンテナ。SecureZIP for Serverはそのサーバ対応版。強度な暗号化によりサーバ上のデータ保護、バックアップファイルと転送ファイルの保護などを実現するもの。コマンドライン・インターフェースを備え、バックアップのスケジュール化、レポートの配布やファイル転送、ファイルの暗号化、デジタル署名やファイル名の暗号化などの処理をスクリプト化し自動化することが可能。また、同時発売のPKZIP for Serverは、SecureZIP for Serverの簡易版で、コマンドライン・インターフェースによるファイル圧縮・解凍ツール。最大95%までファイルを圧縮し、ファイル転送時間、ストレージのスペース及びアーカイブ処理を大幅に節約する。

今回、両製品共にv12にバージョンアップし、パイプライン処理による外部アプリケーションとの連携機能と、FIPS 140準拠モードをサポートするSFXモジュールが追加されている。対応システムは、Windows2000 SP4以降(IE 6.0以降が必要)、Solaris 8以降(UltraSparc プロセッサのみ)、HP-UX 11以降、IBM AIX 5.1以降、Linux カーネル 2.4以降(RedHat及びSuSE)。価格は搭載CPU数に応じたボリュームライセンス。

http://www.xlsoft.com/jp/services/press/PressRelease_SecureZIPv12_20080603.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×