5月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表 危険性の高いファイルウイルス感染が増加(Kaspersky Labs Japan) | ScanNetSecurity
2021.01.28(木)

5月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表 危険性の高いファイルウイルス感染が増加(Kaspersky Labs Japan)

株式会社Kaspersky Labs Japanは6月2日、2008年5月のウイルスTOP20及びオンラインスキャナTOP20を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社Kaspersky Labs Japanは6月2日、2008年5月のウイルスTOP20及びオンラインスキャナTOP20を発表した。

5月のウイルス動向は、比較的小康状態となっており、メールトラフィックでのウイルス大発生も確認されていない。上位ウイルスも前月とほぼ同様で、メール感染系ワームの「Email-Worm.Win32.Netsky」の亜種が上位を占めている。その一方で、第一四半期に活発な動きを見せていたAgent.ica、Agent.hsl、Diehardといったトロイの木馬系ダウンローダがリストから姿を消した。

ウイルスとは反対に、オンラインスキャナのランキングはかなり様変わりしている。今年に入ってから猛威をふるっていたVirtumonde.genはすっかり影をひそめ、ワームのBagleファミリーやトロイの木馬のWin32.Dialerの各変種もランキングから外れた。その代わりに勢力を増したのが、悪意あるプログラムとしてはさらに危険性の高いファイルウイルス。

Allapleワームの変種が第3位と第4位、Virutウイルスが第2位と第10位、同じくウイルスのXorer.du、Alman.bがそれぞれ第12位と第20位を占めている。このように、3ファミリー合計6つのファイルウイルスが同時ランクインするのは、これまでにない現象だそうで注意が必要だろう。なかでも、感染したPCがDDoS攻撃やスパム配信、新種ウイルスの拡散に使用される恐れがあるボット型のVirutファミリーは特に危険とされており、多方面に被害を及ぼすため、絶対感染しないよう気をつけたい。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578670
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578671
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×