アプリケーション・セキュリティー・ソフトウェアを発表(IBM) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

アプリケーション・セキュリティー・ソフトウェアを発表(IBM)

米IBM社は5月20日(現地時間)、企業向けのアプリケーション・セキュリティー・ソフトウェア「IBM Tivoli Federated Identity Manager」を発表した。6月に全世界で一般発売される。同製品は、複雑なセキュリティロジックを各アプリケーションに組み込まなくとも、企業の各

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
米IBM社は5月20日(現地時間)、企業向けのアプリケーション・セキュリティー・ソフトウェア「IBM Tivoli Federated Identity Manager」を発表した。6月に全世界で一般発売される。同製品は、複雑なセキュリティロジックを各アプリケーションに組み込まなくとも、企業の各事業部門がセキュアなソフトウェア・アプリケーションを導入できるもの。

これにより、さまざまな形式のユーザ・クレデンシャル(信用情報)を使用するアプリケーションの統合が簡素化され、SOA(サービス指向アーキテクチャー)環境で運営されている組織内において、別個に管理されている部門やビジネス・パートナーなどでセキュアな情報共有が行えるようになる。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2008/05/2801.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×